指輪修理リフォーム事例

2014年06月07日

指輪にダイヤを取付ました

プラチナリングとダイヤモンド
005.JPG
ダイヤリング
001.JPG
相模原からは横浜店にリフォームのご相談です、ダイヤ0.25ctsルースをプラチナの指輪に取付たいとのご希望です。
リングの幅は4.5mm厚さ1.5mmですのでルース(厚み2.4mm)のままでは留められません。
シャトン枠と言う部品が必要ですが色々な種類が有ります、今回はフクリン留め用の枠をお勧め致しました。
爪留めと違いダイヤの端がグルリとかこまれますので多少ぶつかっても割れる可能性がなくなります。
リングに穴を開けシャトン枠をロー付けしてからダイヤをフクリン留めと言う方法で留めます。

金額です
☆プラチナシャトン枠3分用1個¥14,000
☆リング穴あけシャトン枠ロー付け加工¥12,000
☆ダイヤフクリン留め加工¥5,000
合計¥31,000(税別)
posted by ヒロ河原 at 16:46| Comment(0) | ダイヤモンドリングにリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。