指輪修理リフォーム事例

2010年03月11日

ご両親の結婚指輪を自分たちに受け継ぐリフォームを行いました

marrige_before.jpgchange-allow.gifmarrige_after.jpg

ご両親がつけなくなった結婚指輪をご自身の結婚指輪にしたいとのご依頼です。ご要望としては、現在の幅の広い甲丸リングの幅をメンズの方は1mm、レディースの方は、0.5mm程度細く、且つメンズの方は、2番のサイズ伸ばしの依頼でした。
また、内側の刻印は、あえてご両親が付けられた刻印をそのまま残したいということでしたが、その刻印の反対側には、造幣局マークやPt900などの刻印などがあり、そうなると自分たちの刻印を打つスペースが、ほとんどありません。そこで今回あえて、Pt900など地金あるいは証明を削ってでも、親の刻印は残したいとのことのことで、Pt900や造幣局マークの刻印は削り、自分たちの記念となる日、およびイニシャルを追加刻印しました。まさに”受け継ぐ”にふさわしいリングのリフォームですね。

料金
(メンズマリッジリング)
1mm削り・・・ 3,000円
サイズ直し・・・4,000円
2番分プラチナ地金代・・・1,200円
内側刻印削り・・・1500円
新規刻印(8文字)・・・800円
小計・・・10500円

(レディースマリッジリング)
0.5mm削り・・・ 2,000円
内側刻印削り・・・1500円
新規刻印(8文字)・・・800円
小計・・・4300円

トータル・・・14,800円(税別)なりました。


メンズのほうは、もともとかなり使いこまれて、その後放置された状態だったので、とくに内側は変色していたのですが、すっかりきれいになりました。予想以上と非常に喜ばれました。是非、大事になさってください。

posted by OOI at 20:33| Comment(0) | 文字刻印入れ/消し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。